国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル|高校生2人、携帯オークションの詐欺容疑で逮捕

携帯電話の普及が高まり、中高生での所持率も高まっている今、携帯電話を利用して気軽に犯罪を犯してしまうケースも少なくはないようです。兵庫県警明石署は今月16日、携帯電話のオークションでウソをつき、現金をだまし取った詐欺容疑で、宮崎県都城市の16歳と17歳の高校2年の男子生徒二人を逮捕しました。明石署によると、この少年2人は二人で相談してやったことと、容疑を認めているそうです。この少年たちは今年の5月に、携帯電話のオークションサイト、「モバオク」にて、実際に二人が持っていなかったスロットマシン1台の写真を載せて出品し、この偽装されたスロットマシンを落札した明石市の会社員(30)から、前金三万円を振り込ませたとされています。落札後に連絡が取れなくなったため、会社員の方が警察に被害届を出したことから、事件が発覚したそうです。また、16歳の少年の口座には他にも合わせて約10万円があったそうで、明石署は他に被害者がいないか引き続き調査するそうです。インターネットの犯罪は摘発されにくいとされていますが、実際に摘発されて逮捕されるニュースによって、このような犯罪の防止につながればよいのですね。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。