国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代画報社の現代画報の特集記事 バレーボールに活気を

大阪府堺市を拠点にするバレーボール・プレミアムリーグ「堺ブレイザーズ」の選手が、
堺市内にある中学など府南部の3中学校で男子バレーボール部員の指導にあたっている
のだそうです。
日本バレーボール協会に登録する府内の中学校バレーボール部はここ10年で2割以下にも
減っているだけに、堺ブレイザーズは「協議の魅力を伝え、すそ野拡大につなげたい」と
話しています。

今回の指導は、南海電鉄が堺ブレイザーズの協力を得て昨年度から始めた企画だそうです。
昨年度は堺市内の3中学で実施されたそうです。企画の一環で府内の9項が参加して昨年8
月に行われた大会では、指導を受けた中学が2位になるなどと健闘したそうです。

今年も中学校3校が指導の対象にあたっているようです。それぞれの中学の部活の時間を
利用して6月に3回、9月に3回指導を受け、9月23日に行われる府立体育会館での大会に挑む
ということです。

私が学生の頃は、男子バレーボールというのは非常にブームになっていたように思うのです
が、1997年度に4665校あった協会登録校数が2008年度に2615校になるなどと、全国的に減少
しているのだそうです。
テレビでもバレーボールの試合は放送されます。歴史あるバレーボール。これから、ます
ます発展していただきたいですね。


ROD
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年3月号のご案内 | 国際通信社 報道ニッポン│充実の特集・取材記事で「ニッポン」を斬る国際通信社の月刊経営情報誌(特集・対談取材記事)
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。