国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代画報社の現代画報の特集 本の魅力

最近、古本屋さんのブログにはまってます。買取の苦労話に始まり、やはり本に関する話題が尽きません。本は好きだけど、お気に入りの作家以外はなかなか冒険できないタイプ、しかも書評家がオススメする本に対してなぜか懐疑的になってしまう自分にとって、古本屋さんに流れてくる未知の本のタイトルの数々は、妙に魅惑的に写ります。古いから魅力があるのではなく、店主の愛着がこもった優しい目線を感じるのかもしれません。実際、新しい本を紹介されていても、すごく欲しいなあと思ってしまいますからね。これも知らない、あれも読んだこと無いとなると、少し恥ずかしくなって、今すぐそれ買います!とモニター越しに叫びそうになります。今はネットで何でも買える時代だけれど、本だってアマゾンでワンクリックすれば買えるし、実際買ってるけど、古本屋さんに直接行って本を手に取りたいと切望している自分に気づきます。現代画報で何度か本を読むという記事が載っていますが、ホント、本を読む楽しさ、ページを繰って進んでいくときの高揚感、iPadでは替えられない感触というものがありますよね、本には。それにしても、古本屋ブロガーの皆さん、ホ・・鵐箸吠絃呂・セ綣蠅任后・世討頬椶任竿咾鮨・戮討④討覆い錣抜郷瓦垢襪海箸靴④蝓2撞戮漾∋劼匹發鯱△譴匿静長圓海Δ・福・△辰噺世錣擦討笋蠅燭い任后・・・・・・
現代画報を再発見
nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。