国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル 愛し愛され生きるのさ

国際ジャーナル10月号の巻頭特集は「“ふるさと”活性 地域ブランドの課題と将来」です。ふるさと=故郷・生誕地ではなく、現在自分が生活を営む場所、これから生活するであろう場所など人によっていくつもふるさとは存在するのだ、と「ふるさと」の定義についても考察していますね。父が転勤族だったために、生まれてすぐ引っ越し引っ越しを繰り返してきた人間には、「ふるさと」はありません。初めて親友ができた土地、1人暮らしを始めた町、子供を産んだ町、いろいろ愛着深い土地はありますが、ふるさとではないのです。終の棲家であっても、そこはふるさとにはならないでしょう。じゃあ、ふるさとの解釈をもっと広げて、地方分権の見地から見直すべきか、そうは思いません。別にふるさとという括りで地域を活性化させる必要はないんじゃないかと。例えば、都心になるけれど、自由が丘という町は自由が丘を愛する人たちの手で作られ、生かされ、守られている町です。「ゲゲゲの鬼太郎ロード」で有名な境港市は区役所が町おこしのために鬼太郎ロードを作って、商店街の人たちの工夫であそこまでの賑わいを手に入れました。自分の趣味に合う大好きな土地、・・垢・擦濛海韻燭づ效蓮・γ紊里△訶效呂鮓亀い砲靴燭い箸い・廚い・△譴弌・・、海靴呂任④襪鵑犬磴覆い・隼廚い泙后・垢瓦・僖錙爾・廚襪任靴腓Δ韻鼻・擇靴修Δ任后・・・・・・
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。