国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル 月刊 申込み方法 日本の株式市場の今後について

2010年の日本経済を象徴するのは、何といっても 停滞感の強い株式市場の
状況ではないかと感じます。2010年の大納会の日経平均株価の終値は1万
0228円92銭でした。これは、1年前に 比べると、3%安くなっていま
す。今年の日本経済をまさに表していると感じます。国際ジャーナルでも、この
ような株式市場の今後については、 深い分析を行って欲しいと思います。株式
市場に流入するお金の量を示す売買代金はどうだったのでしょうか。こちらも、
6年ぶりの低水準となっ ています。市場の活動があまり活発ではなかったとい
う事になります。株式を新たに公開した企業の数も少なく、10年前の約10分
の1しかな かったそうです。米英は平均株価が1割ほど上昇していますが、そ
れに比べると日本の株式市場は力を失っているのが感じられます。日本経済に元
気がないからでしょうか。この理由については、いろいろな意見のあるところだ
と思いますので、日本経済の今後についてはあらゆる角度から考え てみたい
テーマです。いずれにしても、株式市場はその国の経済を表す一つの大きな指標
ですから、この早期回復を求めたいと思います。日本経済 の動向についても注
目したいと思います。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。