国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナルの最大の見どころ 外国人の雇用拡大中

日本で就職を希望している外国人の方にとって、どうやら嬉しい動きが出てきたようです。なんでも、大手の電機メーカー各社が、新卒採用で外国人の比率を高めているのだとか。というのも最近、中国やインドなどが経済的に急速に発展してきていることで、アジアの人材を確保したいと思い始めたようですね。たとえば大手中の大手、ソニーは、日本の新卒採用に占める外国人の割合を2012年春には3割、約70人程度にまで伸ばす方針だそうです。ちなみに、外国人比率は2010年は4%、2011年は14%だったそうですから、かなり大きく増やすようですね。今までは中国やインドの理工系大学で学生のスカウトをしてきたそうですが、今後はベトナムやインドネシアなどでも行って、幹部候補生を確保しようとしているようです。また、NECも12年春の採用から、新卒者に占める外国人の比率を10%に高めるそうで、これはもとの2倍なのだとか。日立製作所も12年春に外国人の新卒採用を11年度の2倍以上となる70人まで増やす方針だそうですよ。パナソニックはすでに国内の新卒採用において、国籍や男女の区別をなくしているそうで、実力本位の採用なのだとか。日本の学生も、ボケボケしてられませんねえ。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。