国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報について 子宮頸がん予防のワクチン

今巷で騒がれているがんの一つが、子宮頸がん。以前より発症年齢が早くなり、現在では30代前半の女性に多くみられると言われている子宮頸がんは、がんの中でもワクチンで予防できるガンとして関心度が高くなっていますよね。子宮頸がんにかかりやすい方は、初めてセックスをした年齢が若かった方、複数の異性と性行為を経験されたことのある方、そして他産の方なのだそうです。子宮頸がん自体は、進行しない限りはなかなか発見されにくい、自覚症状があまりないガンだそうで、発見が早期の場合は5年生存率が100%とありますが、発見が遅れてしまった場合は子宮の入り口だけでガンが留まらず、子宮全体に及んで子宮体がんになったり、また浸潤してしまったり、転移してしまったりするそうなので、早期発見が生存のカギともいえそうです。女性の場合は30歳を過ぎたら1年に1回は子宮頸がんの検診を受けることなどが、早期発見の第一歩だそうです。そんな子宮頸がんを予防してくれるかもしれないワクチンが、グラクソ・スミスクラインというイギリスの製薬会社が製造した ワクチンだそうです。こちらのワクチン、
テレビ番組の「とくダネ!」でも紹介されていましたが、現在の小学校高学年から、中高生の娘さんを持つ親御さんなどもかなり注目しているようです。昨年国内販売を承認すると発表したこちらのワクチンですが、ワクチン接種後に副反応が起こる方もいらっしゃるようで、摂取には注意が必要かもしれません。

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。