国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル 貿易黒字の減少に対する今後の影響を考える



これからの日本を支えていく新しい産業を育てていく ことは、民主党政権に
とっても大きな課題であると思いますが、同時に、現在の基幹産業をどのように
維持していくのかということも、同じく重要 だと思います。財務省が発表した
8月の貿易統計速報を見ました。今回、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支
はどうだったかというと、前年同 月比37.5%減の1032億円の黒字とい
う結果です。これはどのように考えればいいのでしょうか。円高の影響もあった
かもしれません。国際 ジャーナルでも、これからの貿易についての予想を載せ
て欲しいところですね。貿易黒字は17カ月連続となっているそうです。米国向
けを中心に 輸出の伸びが鈍化しており、黒字の金額は少し減っています。マス
コミの報道では、海外経済の減速に、今後は円高の影響が加わり、輸出は年末に
かけてさらに鈍化する可能性があるとの予想を出しているところがあります。こ
のことが、デフレ経済の日本に悪い影響を与えることがないか心配 です。今ま
での日本の発展を支えてきたのが、輸出産業ですから、これからも、日本にとっ
ては重要な産業になりますので、引き続きこの動向には 注目をしていきたいと
考えています。 





現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際ジャーナル お隣さんの顔 | ホーム | 国際ジャーナル PB品による究極の価格戦争>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。