国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル お隣さんの顔

報道ニッポンの記事にはいつも啓発されることがたくさんあるのですが、今月号の「『隣人祭り』から見える孤独死減少への道筋」というコラムはとても興味深かったです。「隣人祭り」とは、隣近所に住む人たちで集まって交流を深めようというもので、もともとは1999年にフランス・パリで起こった老人の孤独死をきっかけに、「隣近所付き合いを大切にしていく」活動としてヨーロッパに広がっていったものです。日本でも2008年から各地で開催されています。何か特別な団体の協力とか手続きとかが必要なのかと思ったのですが、そうではなく、あくまで自主的なものみたいです。日本支部のホームページで開催の告知をしてくれますが、コンシェルジェと呼ばれる主催者の人たちが中心になって行われています。ホントはもっと普通に開かれててもいいのかなあと思います。ウチの近くの自治体では、高齢者向けで体操教室だとかバスツアーとか大小取り混ぜて色々なイベントをやっているみたいなので、これも隣人祭りといえばそうかもしれないですね。孤独死の予防という本来の意味では、お年寄りを中心にした隣人祭りの方が良いのだろうけれど、ホントは、お隣さんの・・蕕鮹里蕕覆い里麓磴だぢ紊里茲Δ糞い・垢襪鵑任垢茲諭F辰縫▲僉璽箸筌泪鵐轡腑鵑呂發ξ戞・紂Σ次・・・擦鵑任襪・覆鵑特里蕕覆た佑諒・・燭い任靴腓Α・磴た佑魄団イ蟾・爐里鰐詰・・福・・・・・・
現代画報
報道ニッポン
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際ジャーナル もう一度勉強 | ホーム | 国際ジャーナル 貿易黒字の減少に対する今後の影響を考える>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。