国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル 水道水

国際通信社国際ジャーナルに、「水」に関しての記事が紹介されていたように記憶しています。
先日、あるテレビ番組で「あなたは水道水を飲んでいますか」という質問を街中でインタビュー
をしていました。すると7割の方が「飲んでいない」と答えたのです。
理由は「おいしくない」「何か気持ち悪い」「何か水の中に入っているかもしれない」「汚い
イメージがある」などの理由でした。
私も実は水道水の水は飲むことはありません。ただ、料理や洗顔などには水道水を使います。

「飲み水」として現在、売れ筋を伸ばしているのが「ミネラルウォーター」だそうです。

「非常用」として家に確保しておくのはもちろんのことなのですが、普段の飲み水として必ず
冷蔵庫に入れておくのが「ミネラルウォーター」という方が少なくはないようです。

また、スーパーでは「水」を入れる装置が設置されている所が多くなったような気がします。
水を入れる容器だけ購入し、水は入れ放題というシステムのようです。
料理でも水道水を使わず、スーパーの「水」を使って料理をする、お茶を沸かす、お米を洗う
という方も実は多いようなのです。
私はそのシステムは利用していないのですが、近所の大手スーパーでは水を入れる容器を4本
ほど家から持ってきて、4本とも水を満タンにしている方もいらっしゃいます。
一体、どんな目的で使うんだろう・・・と思いながら見ているのですが・・・。
ちなみに、私の知人はその大手スーパーからの水を普段の飲み水として利用しているそうです。

ひと昔前ですと、「水道水を平気で飲む」という方が多かったように記憶しているのですが、
時代の流れとともに水道水を飲む方がかなり減っているようです。
私も子供の頃は平気で水道水を飲んでいたのですが、今は飲まなくなってしまいました。

私の時代の流れに沿って生きているんだと感じた特集でした。



報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際ジャーナル 消費税 | ホーム | 国際ジャーナル 羽田空港の国際化に期待する>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。