国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル 重い裁き

裁判員裁判制度が導入されて初めての死刑求刑がとうとう行われましたね。刑事事件を取り扱う以上、死刑相当の事件が審議対象になる日がくるだろうとは思っていましたが、想像以上にその時が早くやってきたという気がします。国際通信社の各雑誌でも裁判員制度の功罪、是否、社会的影響などを取材してきていますね。今回のことに限らず、裁判員の心のケアの必要性を問う声は様々なところからあがってきているでしょう。被害者を襲ったむごたらしい傷跡、それは致命傷となる実際の傷であったり心の傷であったりします。その傷と真正面から向き合い、さらに遺族や証人、検察と弁護のやり取りを集中して直視し続けるということが、どれだけの負担になるか、トラウマを抱えることになるか、そもそも人を裁くという立場とは全くかけ離れた人生を送ってきた一般人に、裁きのなんたるかが本当に理解できるのか、正直分かりません。自分もいつ裁判員に選ばれることになるか知る由も無いわけで・・。この制度が早く無くなってくれることを望みます。国民感情や常識を裁判の中に取り入れるために裁判員制度が導入されているとしても、人を裁くことの重みを私たちは無責任に・・愽蕕辰椴匹い里・箸いΦ震笋鮖・燭兇襪鯑世覆い・蕕任后・枷輯韻砲覆訖佑寮嫻ご兇魴擇鵑犬討い襪茲Δ糞い・靴討覆蠅泙擦鵝・修鵑覆亡蔽韻某佑留震燭老茲瓩蕕譴覆い任后・・・・・・
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際ジャーナル SHARP、英語を社内公用語に? | ホーム | 国際ジャーナル NICU満床という状況>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。