国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル 様々なロボット

そして最近テレビで見かけるのが、「ロボット」なのです。ある会社の社内を案内したり、会話
ができたり、客が注文したメニューをテーブルまで運んだりと、様々なロボットが開発されている
ようです。私が子供の頃には考えられなかったことなのですが、これも時代の流れと共に技術が
発展しているのだと思うのです。

ある新聞記事にもロボットの紹介がされていました。それは、アザラシ形の癒し系ロボットなの
です。名前もあるようで「パロ」というのだそうです。
このパロは富山県のある企業が製造しているそうなのですが、11月16日からアメリカで販売される
のだそうです。
パロをなでると甘えた声を出すそうで、認知症などのお年寄りの気持ちを落ち着かせる効果がある
そうです。
パロは、2005年から日本では販売されているそうですが、アメリカ販売に際し「ハロー」などの
50の英語を認識できるようにしたとのことです。
価格は6000ドル、日本円にすると約54万円という決して安いとは言えない値段だとは思うのです
が、アメリカのある州にある高齢者介護施設に8体を届けて記念式典が開かれるそうです。

高齢者施設に入所されている方は、そこで出会った素敵な友達もいらっしゃるかもしれませんが、
ロボットとはいえ、心が癒されるペットのようなものがあればますます心が明るくなるのでは
ないでしょうか。多くの方にかわいがられるロボットでいてもらいたいと思います。



報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際ジャーナル ある悩み | ホーム | 国際ジャーナル 保育園での昼寝のあり方>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。