国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代画報 国際ジャーナル 日本人の仕事に対する考え方

休日の時間があるときなどは、国際ジャーナルなどを読んで勉強するようにして
いますが、その他には趣味の時間などをとってリラックスすることに心がけてい
る今日この頃です。最近感じることですが、日本の社会は仕事を休んで遊ぶこと
をあまりいいことではないと考えているところがあるのではないかと思います。
例えば、祝日を休日にしていない企業があるような点はどうなんでしょうか。海
外の事情はどうなんでしょうか。イタリアの1人当たりGDPは日本とほぼ同じ
です。経済的には格差がないと言えます。しかし、暑い夏は、バカンスにでかけ
てしまって、ほとんど仕事をしないそうです。これはどう考えればいいのでしょ
うか。人生にとって大事な事は何かと、考えてみる必要があるのかもしれません
ね。日本全体の活力にとって、また、経済活性化にとって、しっかり遊ぶことは
実は大切なことなのかもしれません。もちろん、どれだけの時間を仕事に費やす
かは大切ですしかしその仕事だけにとらわれてしまっては、生きている意味がな
いとも言えます。海外へ出張する時、空港や飛行機の中で必死に仕事をしている
人を見かける事もありますが、これからの日本人の生き方を見直してもいいのか
もしれません。







現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現代画報 国際ジャーナル 日本の観光における新しい動き | ホーム | 現代画報 国際ジャーナル 毛深いと言われて。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。