国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代画報 国際ジャーナル ペットボトル入りボジョレー禁止?

ワイン好きな方は、またまたボジョレー・ヌーボーの季節がやってまいりましたね!そんなボジョレー・ヌーボー、今ではワンコインでも買えちゃう時代になってきましたが、そのボジョレー・ヌーボーが物議をかもしだしているようです。なんでも、そのボジョレー・ヌーボーのペットボトル販売がフランス人たちに反感を買っているようですね。うーん、それちょっとわかるかも。ペットボトル入りのワインて、扱いやすいけどありがたみにはかける気がしませんか?ボジョレー・ヌーボーの生産者の人たちが構成しているボージョレワイン委員会のグザビエ・バルベ共同会長が、10月18日に東京都内で記者会見したそうで、その時にボジョレー・ヌーボーはガラス瓶詰めであることを「ボージョレ」を名乗るための条件とする方針にしたのだそう。ボジョレーワイン委員会は、ボジョレー・ヌーボーのペットボトルについて、品質保持やボージョレ・ヌーボーのイメージの点で問題があると主張しているのだとか。確かにねえ、うなずけますよね。フランスの認証管理機関の審査を通れば、来年中にもこの案は導入されるそうで、そうするとペットボトル販売はできなくなるそう。中身は同じワインなら、ペットボトルで販売したっていいじゃんと思っている小売大手は、どうするんでしょうかねえ。

現代画報
報道ニッポン
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現代画報 国際ジャーナル B級グルメ | ホーム | 現代画報 国際ジャーナル ラジコンとプラモデル>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。