国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代画報 国際ジャーナル 選べる権利

とうとう来ちゃいましたね、一年の総決算12月が。今年は懐の都合で帰省しないけれど、それを差し引いても忙しいです。他の月だったらなんとも思わないのに、12月はあっという間に大晦日になってしまいそうで恐いです。
国際通信社国際ジャーナルも最新号が出揃ったので、チェックしてみたら、報道ニッポンの「選択的夫婦別姓」の記事が面白そうだなと思いました。自分は結婚してから会社勤めをしているわけではないし、そもそも旧姓よりも結婚してからの名字の方が気に入っているので不便に感じたことはありませんが、仕事を持っていてかなりキャリアを重ねた人、逆にこれから打って出ようという人にとっては、名前が変わるのは結構ダメージが大きいのかもしれません。
でも、どちらかの姓を選ばなくてはいけないとき、譲るのがいつも女性になってしまうのは、憲法による縛りではなく、社会的な縛りなわけです。男尊女卑というヤツ。男が譲ることなんて滅多に無い。案外、国際結婚した外国人の旦那の方が譲ってくれるケースの方が多いかもしれないです。実際そういうファミリーを知ってるし。
政権交代は世代交代でもあるという現実は、事業仕分けのインターネット中継にだけでなく、きっと選択的夫婦別姓に関しても顕著に表れるんじゃないかと思います。今の20代、30代の夫婦は、これから結婚する人たちもそうですけど、選べることが当たり前の世代ですから。敢えて選択制を拒否する理由はないのです。それどころか、どうして今まで夫婦別姓が認められてこなかったのか理解できない人が多いでしょう。同姓を強制している国って日本以外にはインドやトルコぐらいしかないんですよね。それもまあよく考えてみればすごい話ですが。同姓制度は文化と呼べるほど崇高なものだから続いてきたとは考えたくないですね。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現代画報 国際ジャーナル 赤ちゃんのお肌に注意信号! | ホーム | 現代画報 国際ジャーナル 病院内に娯楽室>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。