国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代画報 国際ジャーナル 21日夕方、赤銅色の皆既月食がおこります 

12月21日の夕方に、日本の大半の地域で皆既月食が起こります。

今年は元日の1月1日と6月26日に、部分月食が起きました。



そして皆既月食は2007年8月28日以来になるので、

約3年ぶりになります。



当日の天気がとても気になったので、全国の天気予報を確認してみました。

残念ながら、ほぼ全国的に晴れということにはならないようです。

でも、できるならば皆既月食を見たいと、きっと誰もが思いますよね。



今回の皆既月食が赤銅色に見えるというのは、皆既月食でも地球の大気で

屈折した赤い光が月に届くために真っ暗にははならないそうです。

そして色でも、大気中のチリが少ないとオレンジ色、多いと赤黒くなるようです。



東京の場合の皆既月食は、午後4:40頃にはじまり、5:17頃皆既月食が

最大になって、午後PM5:54頃に皆既月食が終わり、といわれています。

しかし、今の季節の東京だと、すでに日が落ち始める時間じゃ

ないでしょうか・・・



1月1日も6月26日も、場所柄と天気の都合で月食をみることが

できませんでしたが、今回の皆既月食は全国的に確認ができると

いわれています。

晴れなくてもいいのですが、ぜひ、全国的一斉、どこにいても

皆既月食が見れるといいですね。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現代画報 国際ジャーナル こたつの使い方 | ホーム | 現代画報 国際ジャーナル 恐がりには無理?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。