国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代画報 月刊 国際ジャーナル 中国に偽ガンダム登場?

みなさん、ニュースでご覧になったでしょうか、ガンダムの中国版?

日本が誇るアニメ、「機動戦士ガンダム」のガンダムにそーっくりなロボットの像が、中国四川省成都市の遊園地にお目見えしたのです。日本人の私の目から見ると、どうみてもガンダムそっくり。色は違うものの、形はちょっとどころじゃなく似ています。しかも、なんとこの中国版ガンダム(?)、肩には「WB」「EFSF」と、ガンダムと同じ文字まで入っちゃってるようですよ。ニュースに寄れば、去年の夏に、東京の台場で展示されていた実物大のガンダム像が同じデザインだったそうで、丸々コピーしちゃったのではとのことでした。しかもビックリするのが、この中国の遊園地側は「まねではなく、自分たちでデザインを考えた」と否定しているのだそうです。ウソ~、マネでしょ!と、思っちゃいませんか?ただしこの遊園地のホームページには、中国語でガンダムを指す「高達」と紹介しているそうで、どう弁明するんでしょうか。中国と言えば、北京の遊園地に、どう見てもドラえもんやハローキティ、ティガーに見える着ぐるみなんかが登場して騒がれていましたよね。アメリカのウォルト・ディズニー社はミッキーマウスの著作権侵害で、この遊園地を訴えたみたいですが、今後どうするんでしょうか。いいかげん、中国はいろいろな国のものを勝手にコピーするの、やめたらいいのにと、ニュースを聞くたびため息でちゃいますね。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現代画報 月刊 国際ジャーナル 今年は乳幼児や成人に注意が必要 | ホーム | 現代画報 国際ジャーナル 月刊 絢香さんのつぶやき。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。