国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代画報 月刊 国際ジャーナル ネット難民。

 ネットで「ネット難民」を検索していたら、報道ニッポンの記事に当たった。去年の記事ではあるが、今もネット難民は増え続けていることであろう。また年末に年越しの集まりがあるに違いない。
 非正規雇用が増えて、正規雇用が減る。その会社にとっては人件費が削減できて、また働く方も楽に仕事ができ、掛け持ちなどをしながら正規雇用よりも稼げたという時代があった。私もフリーター生活が長い。正規雇用で働いたことも何度かはあるが、私には店を持ちたいという夢があったので、フリーターとしていろんな飲食店を渡り歩いた。中にはなんの目的も持たないフリーターも数多くいた。いつでも正規雇用に戻れるから、刹那的にフリーターをしていた人も多かった。
 しかし気づいたら正規雇用に戻れなくなっている。大手も小さい会社も人件費をどんどん削減して、非正規雇用の求人はなんとかあるものの正規雇用は全くなくなっていた。リストラされる人も増えた。そして挙句の果てにはネット難民となってしまう。
 私にもネット難民になっていたかもしれないという不安がある。今でもホームレスに将来なってしまうのではなかろうかという漠然とした不安もある。働けなければ死んでしまう。恐ろしいことだが、事実である。ネット難民はすでに社会的には死んでいるのと同じだ。税金も払えず、年金も払えず、将来はホームレスになるしか今の社会を見ている限りは道がない。
 誰もが抱えている恐怖かもしれない。明日はわが身である。夢も希望もない世の中。心の中の炎だけは消さずに生きてゆきたいと思う。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現代画報 月刊 国際ジャーナル 女性の飲酒 | ホーム | 現代画報 月刊 国際ジャーナル リオデジャネイロ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。