国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代画報 月刊 国際ジャーナル 有料老人ホーム

 終の棲家として多くの方が利用を考えている有料老人ホームの閉鎖が相次いでいるそうだ。有料を謳っているのだから、国の運営する特別養護老人ホームなどに比べて、入居費などが高い。自宅を処分してそのお金で入居したという高齢者も少なくない。入居一時金を使い果たして閉鎖している施設もあるそうで、問題である。
 私の祖父母も以前入居するか否かで家族会議が開かれたが、本人たちの希望により今は両親と暮らしている。有料老人ホームは高額ゆえに入りたくても入れない方が多い。様々なサービスを謳っているが、洗濯代など、その他の料金も取られる。国が運営している施設に入れたくても、入るのに何年待ちという話だ。仕方なく老老介護となり、介護疲れによって殺人にいたってしまうという話もよく聞く。あまりに悲しすぎる話である。
 それゆえ、まだ若いうちから体の健康に気をつけ、健康に長生きし、頭の体操をしてぼけないように・・・と気は使ってみるものの、やはりこればかりはどうにもならないものである。
医学がいくら進んでも年老いていくことはどうにもならない。国の早急な対応を求めるばかりである。こういうところに使っていいのが税金であるはずだ。
 しかし私が年老いた頃はきっと姥捨て山ができているのであろうな・・・とふと不安がよぎる。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現代画報 月刊 国際ジャーナル 世界遺産 に思う | ホーム | 現代画報 月刊 国際ジャーナル 手帳>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。