国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際通信社 ゲーム リーダーズアイを身につけるために

リーダーズアイで英語教育の大切さを学びました。中学・高校を取材されとても勉強になりました。
中学高校の6年間ビッチリ英語を習うわけですが、学校の英語だけでは「喋る英語」はなかなか身につかない。
むしろ「英語嫌い」を助長しているところもあるような・・・。
習い始める年齢を早めれば、英語はもっと身近なものになるという考えで、
小学校高学年から英語の授業を行っているようです。
だったら、高学年からなんて言わないで、一年生から始めてもいいような気がします。

英語を必須科目にしてしまうというのはダメなんだろうか。
日本語も儘ならないのに英語をやらせるのはどうか、という声もあるでしょうが、
小さい子は意外と柔軟に対応するんですよね。
リーダーズアイでは教育格差についても学びましたが、問題はやはり教える側にあるでしょう。
本気で語学を身につけさせようと思ったら、学校だけの学習じゃ足りないことは周知の事実です。
だからどうしてもバイリンガルにしたい親は、インターナショナルスクールに入れちゃう。
英語だけの環境を作るのが手っ取り早い方法なわけです。
子供の教育レベルは親の経済力に比例すると言いますよね。
本当にお金だけかければ良いのでしょうか。
学校に丸投げ、塾に入れておけば大丈夫、家庭教師をつけてる、他人に任せすぎじゃないでしょうか?
子供を教育する場は家庭が基本だと思います。
中学生に教えるなんて無理とか、そんなことないです。
一緒に勉強すればいい。「お父さん、そんなことも知らないの?」と言われたって、
「一度は習ったけど忘れちゃったから、また勉強しなおすよ。一緒にやろう」でいいんじゃないかと思います。
英語なんて格好の題材ですよ。
子供と一緒に字幕無しで映画を観たり、単語を競争して覚えたり、
日本語で喋ったら罰金とか。楽しそうですね。
英語は勉強じゃなくて言葉だから、実践あるのみ!




リフォームを考えている人向けに外壁塗装 狭山を行っている、 地域密着で経験を積んでいるベテランの職人が評判の専門店のおすすめも見かけたそうです。
スポーツの話も、報道通信社 日本の雑誌を読むには大きなメリットだと思います。
地域密着で経験を積んでいるベテランの職人が評判の便器つまりのおすすめ広告も見かけたそうです。
企業家同士で名刺交換がサイトでできると報道ニッポン 職人で紹介されていました。ビジネスへの次の一歩として気になるサイトです。
住み込む側としてその要望が通るかは分かりませんが、もしかすると賃貸物件を借り上げしている業者への依頼次第でそういった要望にも対応してもらえる事もあるのかもしれません。
友人は、博識な方で国際通信社 ロイターの雑誌で掲載されているような様々な方面の知識を持ち合わせています。
友人はプラモデルが好きでストライクフリーダムガンダムを購入したり車のプラモデルの購入に出掛けたそうです。
今では防災対策に防災コンセントを考えている方が多いと仰っていました。
友人は食べ歩きをする際は大体仕事で出張する時にしているそうで、全国各地に行った事があるそうです。
私も今後そういった異業種交流会 MSJの可能性があるのなら、以前から気になっていた会へ足を伸ばしてみたいですね。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際通信社 ロイター 新聞販売店店長が従業員を切りつける | ホーム | 現代画報社 異業種ネット 成人年齢の話題>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。