国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

妻と娘がハタ科の魚を食べて食中毒に

新聞に載っていた記事ですが、熊本県が50歳代の女性と30歳代の
その娘がハタ科の魚を食べて食中毒になったと発表しました。
2人は筋肉痛や倦怠感などを訴えて入院したそうですが、快方に向かっている
ということです。
2人は飲食店で女性の夫が鹿児島県沖で釣った魚を刺身や塩焼きなどに調理
してもらって3人で食べたそうです。
血液検査の結果などから、アオブダイやハタ科の魚の体内に蓄積する
「パリトキシン様毒」が原因の食中毒と判明したのです。
妻と娘だけが食中毒になったというのは不思議なことですが、現在は快方に
向かっているということで本当によかったですね。


9765-06-6536-7102-567-34-665367102-,0665367102-678-5553
9770-06-6536-7102-572-39-665367102-,0665367102-683-5558
9855-06-6536-7102-657-124-665367102-,0665367102-768-5643
9922-06-6536-7243-5724-51-0665367243-5724-0665367243-jasgjuo
3465-06-6536-5013-42-qwertyui-0665365013-97663-0665365013-563
9833-06-6536-7102-635-102-665367102-,0665367102-746-5621
3500-06-6536-5013-77-qwertyui-0665365013-97698-0665365013-598
3476-06-6536-5013-53-qwertyui-0665365013-97674-0665365013-574
3544-06-6536-5013-121-qwertyui-0665365013-97742-0665365013-642
3525-06-6536-5013-102-qwertyui-0665365013-97723-0665365013-623
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< インフルエンザの罹患者が急増、学級閉鎖の地域も | ホーム | 保育ママが預かっていた女児が保育中に死亡>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。