国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

経済誌:国際ジャーナルに出現

赤ちゃんポストの必要性を問う
少し前の国際ジャーナルですが、
「赤ちゃんポスト設置」に関する記事で、その重要性を書いた記事が載っていました。実は私も赤ちゃんポストについては、もう少しいろんな意見を汲み取ってからでもよかったのではないかと思っていました。

設置までには、もちろんいろんな議論が重ねられたのだとは思いますが、ニュースからの報道が聞こえてきた頃、事後報告的なものではないかと思ったからです。

これは報道時間や、もちろん私のニュースへの関心などにもよりますが、やはり簡単なことではないので国民全体で考えるべきだと思うし、設置された後にも出ているあらゆる問題を知った上で、再度赤ちゃんポストの必要性にしっかりと向き合うべきだと思います。

詐欺や殺人、放火などの事件が次々と出てくる中で、1つの報道に時間を咲けない現状もあるのでしょうが、決して今でも“過去の話題”ではないと思っています。

私は、「赤ちゃんポスト」がいいのか、悪いのかの議論をもう少し重ねることが重要だといいたいわけでは無く、
赤ちゃんポストは、どういう背景から生まれているのか。
もし赤ちゃんポストが無くなれば、どうなるのか。
それらを解決するためには、一体何をしなくてはならないのか。
しなくてはならないことのために、どう考えればいいのか。
などをお母さんやお父さん、やがてお母さんやお父さんになる人が
一緒に考えなければならないのだと思います。宇治茶のすすめ
京都・宇治茶のすすめ
現代画報7月号より

京都の名産品といえば「宇治茶」。
私も京都に住んでいるが、この宇治茶、
実は私達が普段口にしている緑茶の中には
ほとんど含まれない高級品。実際に宇治へ出向いても
それほど茶畑が一面に広がっているという光景は見られない。

しかし、現在の緑茶を発祥したのは紛れもなく京都・宇治。
蒸した茶葉を感想させながら手で揉むという製法を作り上げ、
世に広めた。今の緑茶の原型である。

全国にある緑茶生産工場では、機会で行なわれているが
京都では手もみ製法が今でもしっかり行なわれ、高級品として
出回っている。

丁寧につくられたお茶は、香りがよく、葉に含まれる成分も豊富。
是非本場の京都で味わって欲しい逸品である。モンスターペアレント
現代画報7月号の記事では
「モンスターペアレント」の深刻化の原因として上げられるのは、
教師不信からがひとつとしてあげられると書いています。「うちの子を任せておけない」そういった保護者からの言葉は、とても多く聞かれるそうです。では、なぜそんな声があがるのか。

この原因の一つは、現在の保護者が学生だった頃の教育環境が大きく影響しているのではないかといわれています。タバコや校内暴力が頻繁に行なわれていた時代で教師と生徒が互いに信頼をしたり尊重したりすることの無かった現在の保護者は、「教師なんて」という意識を持っている。そこへ、近年のいじめ問題や自殺問題を解決できない学校がニュースで聞かれるとなると、親は当然のように学校への信用をなくしてしまっているのです。

「自分の子を大事にしたい」という親心は、決して否定することはできません。しかし、集団教育の現場において「自分の子を誰よりも大事にする」行動は自分勝手極まりないと思います。

中には、「子供とケンカをした相手の生徒を転校させてほしい」といった“普通”ではない保護者からの依頼を受けることもあると書いています。保護者であるならば、自分のその行動が、現代の教育現場にどのような影響を与えるかを考えなければならないと思います。

現代の教育現場は、未来の社会に繋がります。そして未来の教育現場に繋がります。愛する子供がやがて大人になって子供を育てるときに、どんな問題が起こっている社会が待っているのでしょうか。

国際通信社
報道通信社|報道ニッポン
報道通信社
現代画報
国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<詐欺問題考察:国際ジャーナルとの再会 | ホーム | 拾った国際ジャーナルとの出会い>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。