国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル 警察へのインターネット違法情報72%増加

インターネットの情報氾濫などによる犯罪が増える中、警察庁はインターネット・ホットラインセンターというところに業務を委託して、以上情報などを調べているようです。インターネット・ホットラインを通じて警察に寄せられたインターネット上の児童ポルノやわいせつ画像といった違法情報は、前年同期よりも72.2%増えて1万573件となったと、9月24日に経視察庁が明らかにしました。もちろん警察庁はこういった画像やポルノサイトのプロバイダーに5086件の削除を依頼し、現時点では4271件が削除されたそうです。それから、最近たまに耳にするのが、集団自殺をインターネットの掲示板で募ったり、殺人と言った違法行為の請負を呼び掛けるネット上で知り合った人たちの間から起こってしまう事件ですが、こういった有害情報も去年の同時期よりも29.6%増え、3535件の通報があり、892件が削除されたそうです。そして通報の中には知的財産権の侵害やら出会い系サイトの存在などを知らせるものもあったそうですが、全体では6万2462件で、前年同期より6.5%減ったそうです。現代人は、インターネットなしでは生きられないくらいインターネットに依存しておりますが、子供たちの安全のためにも、こういった活動はしっかり行ってもらいたいものですね!

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
リフォーム
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際ジャーナル 群馬県ではカット専門のお店はNG? | ホーム | 国際ジャーナル 白バイに追跡されバイク事故>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。