国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際ジャーナル 教師の対応

久しぶりにある近所の人と外で話をしていました。
その方のお子さんはこの4月に小学校に入学したそうです。

その小学校について話をしていました。入学した子供は、クラスが決められて
いて「1年1組」「1年2組」といった感じで分かれていますよね。
その中でも話を聞いたのは「支援学級」という教室のことを聞いてみました。

クラス分けされている教室を「普通学級」とあえてここでは言わせてください。
普通学級では、授業についていけない子供達は「支援学級」で授業を受ける
そうです。障害のある子供、知的な問題があり数字がわからない、字がわからない
子など・・・。ただ、1日中支援学級にいるわけではないようです。
苦手な科目、ついていけない科目の時にクラスの子供達に「いってらっしゃ~い」
と声をかけてもらってから支援学級に行くそうです。

参観日の時などは、支援学級でお世話になってる子供達も普通学級にいて、クラス
のみんなと一緒にお父さん、お母さんに学校での様子を見てもらっているようです。

あくまでも私が住んでいる市のある小学校でのお話でした・・・。

普通学級にいる子供たち、支援学級に何度か足を運ぶ子供たち。個性のある子供たちが
小学校にはたくさんいます。でも、教育を受ける条件は同じです。
支援学級に足を運ぶ子供たちは、ふとした場面で困っている事があるでしょう。
そしたら、困らないように工夫をしてあげるのが教師の役目だと思っています。

大阪府の橋下知事が就任して間もない時だったでしょうか。このようなことを
言っていましたね。「子供たちが笑顔で過ごせるように」という感じのことを・・・。

どんな子供でも笑顔で過ごせるように親は努力しています。
教育の場では、ぜひ先生方が努力して下さい。
もし、障害をもつ子供がクラスにいたら、どんな場面でその子が困ってしまうのか
先生は把握をしてあげてください。その子を体と心全体で受け止めてあげてください。

そして、毎日笑顔で学校生活が過ごせるようにその子の親とも話をしながら
しっかり理解をしてあげて下さい。
教師は、勉強を教えるだけが仕事ではないと私は思っています。
教師の対応1つで、子供の学校生活が変わる・・・ということを理解して下さい。
現代画報の美食探訪を読んで
現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社
国際ジャーナル経済白書
占い日記
国際ジャーナルからの飛躍
weblog.cms.am
大阪 今、評判の雑誌って? 報道ニッポン 国際通信社って 商法 取材商法とは? 報道通信社 東京 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい! 刑法 タレントがインタビュアーになり取材します 『国際ジャーナル』取材日記 : 和服という文化 取材費 現代画報 経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社 名古屋 民法 掲載料 掲載料 取材 現代画報社 国際ジャーナル 国際通信社 発行部数が3万部以上 国際通信社グループ 国際ジャーナル文芸批評 20081209
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際ジャーナル 地元での就職を目指す学生と彼らを取り巻く環境 | ホーム | 国際ジャーナル インターネット上を飛び交う「つぶやき」の可能性>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。