国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「馬鹿もん」という食べ物

北海道の十勝地方の若手経営者らが、馬肉と鹿肉を使った新グルメ「馬鹿もん」を考案し、
PR活動を開始しました。ちなみに、「ばかもん」と読むのではなく「うまかもん」と読む
そうです。

読みがなをふらなければ「ばかもん」と誤読されそうなネーミングなのですが、刺激的な
表現の訴求効果を狙った新アイデアだそうです。3月24日に開かれた試食会では、「味が
しつこくなくて、おいしい」などの好評を博したということです。

この「馬鹿もん」を考案したのは、国の観光カリスマといわれている男性だそうです。フラ
ンス料理の高級食材であるエゾシカ肉と、馬産地の十勝ならではの馬肉を組み合わせた料理
を全国に売り出そうと、帯広青年会議所のメンバーのみなさんと企画したそうです。この2
つの食材を使った料理のアイデアを、道内の飲食店に幅広く呼びかけることにしたというこ
とです。認定されれば認定書のほかにも、のぼりが交付されて、今後作成するキャラクター
の使用権も与えられるということです。

雑誌「報道ニッポン」では、「食」をテーマにした記事が紹介されているように思います。
日本各地で有名な食べ物、またその土地でしか食べられない物が数多くあるかと思います。
味が合う、合わないは人それぞれだとは思うのですが、北海道というと「食べ物がおいし
い」というイメージが私の中にはあるのです。私は大阪に生まれ育っています。大阪の食
べ物も、おいしいものが多くあります。
ただ、私は馬肉も鹿肉も今まで食べたことがありません。どんな味なのか想像もつかない
ほどです。北海道に住んでいる人も、またそうでない人ももし機会があれば、1度食べて
みられてはどうでしょうか。


現代画報との出会い
press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報) 現代画報社 + 大沢逸美 【 みんカラ 】 タグ - by Carview タイ古式マッサージ アイコレクション片山が紹介されました 国際通信社の国際ジャーナル wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルの掲載企業 現代画報のグラビア雑誌 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際通信社 今年の総ざらい | 国際ジャーナルからの誘惑 国際ジャーナルの求人 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナル
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際通信社 虐待通報を積極的に | ホーム | 国際通信社 ITボケ?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。