国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 納入業者に商品陳列強要。

ホームセンター大手のロイヤルホームセンターが商品を店に並べる作業に納入業者の従業員を派遣させるなどをしたことによって、公正取引委員会は同会社に独占禁止法違反で排除措置命令を出す方針のようだ。
よくホームセンターなどで、業者の方が一生懸命商品を並べている姿を目撃するのだが、それらももしかしたら問題なのだろうかと考えてしまった。納入業者からしたら、ホームセンターなどは大口のお客様であるし、何かをして切られたら大事である。特に小さい会社であったらなおさらである。業者が自らやらせてもらっているということもあるのだろう。
しかしこのケースはひどい。新規出店や改装の際に納入業者に無償で商品を並べさせたり、閉店前の売れ残り商品を業者に一方的に引き取らせたなどの疑いがあるそうだ。大手大和ハウスの子会社ということで幅を利かせていたのだろうか。不況であるがゆえか、あちこちで様々な辛い話を聞く。みんな心に余裕がないというか、まるで弱い者いじめのようなことが日常茶飯事であったり、不正なことが仕方ないと横行したり。バブルの頃のような変な豊かさはいらない。しかし、貧しくても心のゆとりだけは忘れてはいけない。
それは理想論であろうか。決して私も豊かではないし、つらいことばかりであるが、人への礼儀や優しさを忘れてはいけないと思う。

月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社
needle.coresv.net 報道ニッポン (企業家たちの横顔に迫る、Specialistに学べ!、VIP・ザ・職人 職人~、医療と福祉、食彩逸店、美容と健康)
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 ゆとり教育は、日本にとって失敗では。。 | ホーム | 国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 術中にはまる>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。