国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 特定保健用食品

最近CMでよく「○○は特定保健用食品です」と謳う商品を見かけるなあと思っていたら、現代画報で記事が出てました。トクホと略されるこの特定保健用食品とは、要するにこれを食べるとある特定の保健効果が得られますよという食品のことです。例えば、この食品にはビオフェルミンが多量に含まれていて、腸の調子を良くする効果がある、とか。その効果は厚生労働省から認可を受けていて、科学的に実証されている商品であることが注目されてるとこなんだと思います。メーカー側が「これはお腹に効くよ~」って言うだけよりも、お役所のお墨付きがあれば、確かに売りやすいですからねえ。消費者側からしても、どういう効果があるのかハッキリ表示されれば、安心して購入することができますから、お互いにとって良いかも知れない。
記事によると、このトクホが売れている、国から推奨されている背景には、日本人の生活習慣持病による死亡者数の増加と高齢化社会への警鐘があります。国民医療費に占める生活習慣病の割合は3割を超えています。さらに高齢者はこれからもどんどん増加を続け、さらに医療費の国庫負担も増えることになります。国民医療費の上昇を防止するためには「予防医療」が不可欠です。その予防医療の一環として、トクホを普及させたいわけですね。
やっぱり口から入るものは大きいです。食べ物に対する意識を鋭敏にしておかないと、添加物なんていくらでも入ってきちゃいますから。トクホで添加物を相殺できるわけじゃないので、やはり、日々の食事をきちんとして、それからトクホを取り入れる、そういうスタンスじゃないと意味がない気がします。





仁の取材 報道通信社ブログ
報道通信社|報道ニッポン|記者サイト 現代画報。地元に根ざして事業を展開する企業を紹介。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<報道通信社の報道ニッポンの対談記事 sold | ホーム | 国際通信社グループの現代画報の対談記事 微笑むお腹の赤ちゃん>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。