国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国際通信社の国際ジャーナルの特集 写真

お盆休みが終わり、旅行や里帰りなどで充実したお休みを過ごした方も「現実に戻って仕事を
頑張っている」という方が多いのではないでしょうか。
まだまだ暑い日が続きますが、暑い中通勤で汗を流している方もいらっしゃるでしょう。


国際通信社現代画報に面白い記事が載っていました。それは「写真」についてです。

ある研究所の調査で、女性が持ち歩く写真で最も多いのは「子供」の写真なんだそうです。
2位はペット、3位は夫なんだそうですよ。
ちなみに、男性のトップは女性と同じ子供なんだそうです。2位は妻、3位はペットという
結果が出たそうです。
ある研究所は「家族を心の支えにする男性とは対照的に、女性は夫が仕事でいない中、愛情を
まっすぐに返してくれるペットを大切に思っているのでは」という意見を出しました。


また、大切な人やペットの写真を持ち歩いているのは約37パーセントなんだそうです。

今は「携帯電話に写真を保存している」という方も多いと思いますが、やはり「写真」という形で
かばんの中や定期入れの中に入れて大事に持ち歩く・・・という習慣はまだまだあるようですね。
きっと自慢できる写真を入れて、色んな方に見せていらっしゃるのでしょう。
その気持ち、私にはとてもよく理解できるんです。

この記事を見て思い出したことがあります。以前、私が仕事をしていた職場である役職について
いた男性がいました。その男性は、職場内で絶対に笑顔を見せることはない男性でした。

周りからは「近寄りがたい」と言われていたほどなんです。その男性のデスクには奥さんと2人の
かわいい子供の写真が2種類、飾られていました。
女性のデスクには何も飾られていた記憶はないのですが・・・。

そんな「近寄りがたい」と言われていた人は、大切な人が「奥さんと子供」なんだな・・・と
思います。家では、とても素敵な夫であり、お父さんなんだと思います。

大切な人の素敵な写真、「携帯電話」に保存しておくのもいいでしょう。便利ですからすぐに
見れるし、すぐに人に見せれるし・・・というのもあるかもしれません。
でも、「写真」で持ち歩くのも味があると思いませんか?



報道ニッポン 2009年1月号『特集!日本の教育が向かうべき道とは?』報道通信社 国際通信社グループ
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国際通信社の国際ジャーナルの特集 広末に新しい彼氏? | ホーム | 国際通信社の国際ジャーナルの特集 国際強盗団「ピンクパンサー」防犯カメラにいた!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。