国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

勉強事情

私の子供は今、幼稚園に通っています。
私の子供が通っている幼稚園では「遊び」を中心とした保育を行っています。
「遊び」から集団生活のルール、体を鍛える、決まりごとを守る・・・などを学ばせて

もらえます。私が思っている方針とぴったりなので、とてもありがたいと思っています。


子供は年少なのですが、23人1クラスです。時間もかなり経ったので、クラスのお母さん達とも
仲良くさせて頂いています。色々話を聞いていると子供を「幼児教室」のようなところに通わ
せているお母さんが意外と多かったのです。うちは、習い事は何1つさせていないのですが・・・。
話を聞いていると「昨日行ったら引き算を教えてもらったよ。でも、足し算より難しいみたいで
なかなか理解できないみたい」ということがさらっと出てきたのです。
私はとてもびっくりしました。「えっ。もう足し算に引き算・・・」と思ったのです。


そこで話題に出てきたのが、小学校中学校で行われた「全国学力テスト」の話でした。

「やっぱり、うちの子にはいい成績でいてほしいから」「全国学力テストで自分の子が上位に
いたら、すごく嬉しい」というお母さんの考えを聞きました。
そのためには、今から勉強をさせないといけない・・・とのことでした。

先日、「全国学力テスト」の成績結果が出たようです。大阪では小学生は順位が上がったようなの
ですが、中学生は順位が下がったようです。橋下知事は、小学生に対して「短期間でよく結果を
出してくれた」との評価を示したそうですが、中学生に対しては「誰の責任なのか原因を徹底的に
追求する」と厳しい意見も出しました。

やはり、勉強は「結果重視」なのだ・・・と思いました。勉強すらしなかった生徒は問題外だと
思いますが、頑張って勉強している生徒に対して、頑張っている「過程」はどう見ているので
しょうか。考えは人それぞれだと思いますが、私の場合は「結果」を出すまでの「過程」も

誉めてあげるべきだ・・・と考えています。努力していれば・・・の話ですが・・・。

ただ社会人になったときには「過程」などは通用せず、「結果」が全てなのです。
せめて、義務教育の間くらいは「過程」も理解してあげてほしいと私は思っています。





現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<麻薬に対する世界各国の状況 | ホーム | 景気が悪い時の家計対策>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。