国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コーチングがなぜ必要とされているのか?

現代画報社の現代画報にも特集されていますが、最近のビジネスでは、
コーチングという人材育成法がはやっていますね。これは従来の人材育成と
比べて、どのように違うのでしょうか。いままでの日本の教育では、
教える側と、教わる側の二極に別れていて、情報は一方的に流れていたと
言えます。これは、教える側の知識や経験によって、その成果が左右される事に
なります。また、画一的と批判されますが、どうしても、個性に合わせた教育は
できなくなりがちです。これに対して、コーチングは、教わる人の自発的な意識
の変化を求めるところが大きなポイントになります。あくまで主役はプレイヤー
の側にあるという考え方です。ビジネスにおいても、単に上司から命令された事
だけをこなすのではなく、自分から必要な知識や情報を身につけることによっ
て、受身型から提案型になる事ができます。しかし、コーチングの成果がでるに
は、ある程度の時間が必要となりますので、短期間に成果が必要な場合は、その
辺が問題となるかもしれません。ビジネスにおいては、顧客の好みが多様化して
きており、市場環境もいっそう複雑になっていますので、今までのような中央集
権型の人材育成では追いつかなくなっている、そこにコーチングの必要性が生ま
れているのではないでしょうか。






国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大文字山のTとH | ホーム | 祭りの担い手>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。