国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大文字山のTとH

2010年のプロ野球、阪神と巨人の首位は抜きつ抜かれつ、ますます行方がわ
からなくなっています。

長きに渡りダメ虎だった阪神は21世紀になって二回も優勝していますから、フ
ァンの「V奪回!」の気分は今年の猛暑の気温よりも上がっていく気配。

これから秋に向けて首位攻防がますます激しくなりそうですね。

さて、2010年8月の現代画報の記事にも「夏の風物詩 京都の五山送り火」と
あるように、京都が夏から秋への移り変わりを告げるのが、大文字山をはじめと
する五山送り火。

阪神が優勝した2003年、今日で優勝か?と思われる日に、熱狂的なファンた
ちが大文字山に登り、阪神タイガースのイニシャルTとHを懐中電灯で点灯させ
、市民を仰天させたという事件がありました。

大学生を中心としたグループによる、神聖な祈りの山でのこの愚行。きついお灸
をすえられたのも当然ですね。


さて、今は五山だけのの送り火は、以前はもっとたくさんの山で行われていたそ
うです。


左京区市原の「い」、右京区鳴滝の「一」、西京区松尾山の「竹の先に鈴」、左
京区北嵯峨の「蛇」、右京区嵯峨観空寺の「長刀」などがあったそうです。

タイガースマークはもってのほかですが、これらは楽しそうで、なんだか見てみ
たくなりますね。



報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<米ぬかから・・・ | ホーム | コーチングがなぜ必要とされているのか?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。