国際問題を発見

国際問題を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

漢字が得意という人

漢字の使い方に自信がない人が大幅に減って、漢字が得意だとおっもている人が
増えているということが、文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で
わかったそうです。

調査は今年の2月~3月に、全国の16歳以上の男女計約6700人を対象に
実施されたそうで、回答率は61パーセントという結果が出ています。
それによると、漢字の使い方に自信がない人は全快2004年度調査から12.6
ポイントも減少して28.7パーセントだったということです。
それとは反対に自信があるという人が増えて、前回と比べると4.9ポイント増の
13.1パーセントになったといいます。

苦手意識を克服したのは主に若者世代とみられていて、漢字の使い方に自信がないと
の回答は10代が前回と比べて21.1ポイント減り、20代では前回と比べると
16.5ポイント減と30歳未満の世代が大幅に減少したことが結果として
出ていました。

今は、ほとんどの人が携帯電話を持っていて、何かあれば「メール」などになって
しまうので、どうしても漢字を忘れがちになってしまうのでは・・・という思いが
ありました。もちろん、私自身も何かあれば携帯電話を片手に漢字を調べたりして
いるのですが・・・。最近、クイズ番組で漢字の書き取りや読み方などが出題され
る番組がいくつかあります。それらは視聴率が良い番組のようです。
そういったものから頭に自然と入っていくのかもしれませんね。


報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新しい内閣への期待とマスコミの役割 | ホーム | 判決は懲役2年6か月>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。